Basic Audio

basic.png

Interface

入出力になにを使うか。ASIOが選択できるけど基本このままで

Transmission

会話モードとかの設定

  • Transmit
    会話モードの設定
    • Continous
      常にマイクが入りっぱなし
    • Voice Activity
      声に反応してマイクが入る
    • Push to Talk
      ボタンを押している間だけマイクが入る

  • Voice Hold
    話終わったあと何秒間送信するかの設定。余白っていうか余韻みたいな
    このままか気になるなら500とか300に

  • Audio per packet
    何秒ごとにパケットを送るかの設定(?)
    とりあえず最小でいいんじゃないかな。
    多分大きくするとラグが出てくるような気がする。

Compression

音質の設定

  • Quality
    数字が大きいほど高音質
    10でいいかと。自分の回線がしょぼかったりCPUがちょっと弱いなら9,8,7くらいに下げる。
    あんまり下げると他の人が聞きづらくなる。

  • Complexity
    CPUの使用率に関係している何か
    数字を大きくするとCPU負荷が増えるけど音質はぜんぜん違いが分からないので3〜5くらいに

  • AMP
    会話モードをVoice Activityにしてるときだけ関係してるっぽい
    マイクの感度の設定
    1.3くらいがちょうどいい感じくらいだと思う。
    初期じゃ感度が良すぎてタイピング音とかまで拾う。
    やっぱり違うかも

Jitter Buffer

遅延の設定らしい
詳しくはAudio Tuning日本語訳を
そのままか設定でだした適切な値に。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-05-27 (土) 21:33:55 (4584d)